【ネタバレ】発情むんむんマッサージのレビュー感想|巨乳人妻がマッサージで感度が上がり…

人妻

庄司二号先生が描く人妻系エロ漫画「発情むんむんマッサージ」

同じマンションに住んでいるマッサージの学校に通うシンゴにマッサージをしてもらうことに。この記事では発情むんむんマッサージのネタバレやレビュー感想について書いていきます。

発情むんむんマッサージのネタバレ

ある日人妻・アヤがゴミを捨てに外に出ると同じマンションに住むシンゴと偶然会う。

腰を痛がる様子を見たシンゴは自宅でマッサージでもと誘うとアヤもそれを了承。

「男の部屋を尋ねるのなんて何年ぶり…」

と照れ臭くなりつつも、マッサージを行うため専用のウェアに着替える。

最初は普通のマッサージでリラックスするアヤであったが、徐々に際どいところまで触られるようになり疼いてきてしまう。これ以上やると胸を触ることになるからと中断するシンゴ。

しかし、ムラついているアヤはこれを承諾。

マッサージで胸を触られて乳首はウェアから立っていることがわかるまでに膨れ上がる。少し手が当たったその瞬間「ビクッビクッ」と反応が。

そんな様子を見てシンゴの息も荒くなり服を脱ぎ直接マッサージすることに。散々焦らされたアヤの身体は乳首、マン肉を摘まれると激しく痙攣しついに絶頂に達してしまう。

大きく息を乱したアヤだったがそれだけでは満足できず、シンゴのペニスにしゃぶりつき挿入。夫では感じたこともないような快楽によがりながら膣イキしてフィニッシュ。

発情むんむんマッサージのレビュー感想

最初はマッサージにリラックス気分だった人妻のアヤが徐々に性的な気持ち良さを感じていく様子が見ていてゾクゾクした。マッサージで感じてはいけないという背徳間からか控え目な「んんっ」という喘ぎ声や「ビクッ」という細かな反応に興奮を誘われる。そして、ウェアを脱ぎ肌の上から直接始めたマッサージではついに抑えきれず大きな声、反応になっていきそれと同時に私自身の息子もグングンと上昇。

展開がわかりやすいという点はあるが、だからこそ良い。

人妻の寝取られ、マッサージものが好きな方は興奮が抑えられない作品となっているだろう。

発情むんむんマッサージを読むならFANZAブックス

発情むんむんマッサージを読むならFANZAブックスがおすすめ。

6月2日まで入会から全ての作品が4週間無料で読めるキャンペーンを行っている。この記事では1話の内容しか書いていないが、発情むんむんマッサージは全8話構成。

FANZAブックスなら全8話全てを読むことができる。

発情むんむんマッサージが気になるのであればFANZAブックスへの登録を検討して見て欲しい。

年齢認証 - FANZA
成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました