性癖を詰め込んだおねショタ作品!「ギャルJK競水メイドさーびす」レビュー

管理人おすすめ

メイド服や競泳水着など、特定のコスチュームに対して興奮を覚えるという性癖の人も一定数いるだろう。

今回はそんな方に是非オススメしたい作品、「ギャルJK競水メイドさーびす」についてご紹介していきたいと思う。

「ギャルJK競水メイドさーびす」のあらすじ

主人公の灰村レンは自宅に帰ると、両親が今日から旅行に行っていることを思い出す。

そして鍵を取り出して家に入ろうとすると開くはずのない扉が開き、そこには競泳水着にメイド服を身につけた同級生の白藤アヤが待っていた。

レンは突然のことに困惑するが、アヤはレンの両親が旅行でいないから身の回りの世話をしに来たと言う。

さらに、アヤに手を引かれて中に入ると、そこには同じく競泳水着にメイド服を着たお隣さんの黒瀬サキがいた。

レンは両親が帰ってくるまでの3日間、アヤとサキ二人の美少女にお世話されることになる…

「ギャルJK競水メイドさーびす」のレビュー

本作は主人公のレンが二人の美少女にご奉仕される内容となっている。

アヤとサキはそれぞれ非常にグラマラスな体型をしており、なおかつ競泳水着とメイド服をミックスしたような服装に扮しているのが特徴的だ。

また、レンは二人と年齢差こそあまりないが、かなり身長が小さいので体格差はある。そのため絵面的にはおねショタモノと言ってもいい。様々な性癖をこれでもかと言うほど盛り込んだ作品になっているのが本作の最大の特徴だろう。

プレイ内容も乳首責めや足コキ、騎乗位などとなっており、レンは終始二人に甘やかされてイカされるほぼ逆転なしの展開となっている。そのためコスプレモノや巨乳好き、おねショタ好きな方だけではなく、M気質な方にもオススメ出来る作品だ。

ただし、ボリュームは全25ページと多くはないので、その点には注意しよう。

まとめ

「ギャルJK競水メイドさーびす」は様々な性癖を詰め込んだ作品となっているので、その分多くの人に刺さる作品と言えるかもしれない。この記事を読んでいるあなたも、きっと本作に詰め込まれた性癖の中のどれか1つには当てはまるのではないだろうか?

ただし、プレイ内容は概ね男性受けとなっているので、女性をガンガン犯したいという方にとっては物足りないかもしれない。どちらかと言うとM気質な方に読んで欲しい1冊だ。

「ギャルJK競水メイドさーびす」はBookLiveにて880円で販売中である。興味を持った方は早速購入し、読んでみよう。

ギャルJK競水メイドさーびす【フルカラー版】

JK好きのあなたにはこちらもおすすめしたい。

生意気女を徹底レイプ!「鬼畜歯科医のナマイキJKワカラセ治療」レビュー
気の強い女性が為す術もなく犯され、ワカラセらせられていく様子に興奮を覚えるという方は多いのではないだろうか?今回はそんな方に是非オススメしたい1冊、「鬼畜歯科医のナマイキJKワカラセ治療」についてご紹介していきたいと思う。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました