【レビュー】絶食系男子、性欲を知る 感想ネタバレ

とにかく昔からいろいろな欲求というものが薄い青年の伊藤だが、大学を卒業後、いろいろ就職活動を行うもののうまくいかず、貯金の残高は減るばかりであった。

ある日、就職面接がうまくいかず友だちと飲んだ帰りイライラが募るあまりに道端の地蔵を蹴りつけてしまった。すると彼の耳にどこからか幻聴のような謎の声が聞こえてきた。きっと自分は疲れている、そう考えその声を幻聴と思い、急いで終電に駆け込んだ。

座席に座ると彼の目の前には座席で眠っている女子校生の姿があった。そのとき、なんの前触れもなく急に彼の中から湧き上がってくる性欲。そのまま勃起してしまった。

「そのままではおさまらんぞ」と先程の幻聴がまたもや彼の脳裏に。彼は我慢できずに寝ている彼女の服を脱がせ、自身のモノを彼女の割れ目に挿入してしまうのであった、、

当然に彼女は目を覚ましてしまい、そのまま誰もいない電車の車両内で行為をフィニッシュさせるのであった。。

というお話で、普段から欲があまりない性格の伊藤が地蔵を蹴るという罰当たりな事することによって性欲で暴走してしまうストーリーです。

なかなか切り口がユニークで、あまり欲がない主人公ってみたことないですよね。次章も別の女の子を犯すのですが、なかなか面白い展開で続きが気になる作品でした!

絶食系男子、性欲を知る(1) | ブックライブ
とにかく欲求というものが薄い青年・伊藤。大学は出たものの、就職活動はうまくいかず、貯金の残高は減るばかり。イライラが募るあまり、道端の地蔵を蹴りつけた瞬間、彼の耳にどこからともなく謎の声が聞こえてくる。その声を幻聴をと思って、終電に駆け...

コメント

タイトルとURLをコピーしました